エレファンブログ

電気自動車と電子決済と

数年前に試験的に販売車を一台電気自動車に変えてから、
早3年が経とうとしています。

購入する前にはいろいろ心配な面もありましたが、
今のところ他のガソリン車と比べても遜色なく、
立派に現場で活躍してくれています。

そんな新しいもの好きな私が
今回目をつけたのが、電子決済サービスです。

今からちょうど20年前に
JR東日本が初めてIC乗車券として
「Suica」を導入したことが、
日本で電子マネーの利用が拡大した最も大きな要因となったそうです。

今ではスマホさえあれば
電車やバスへの乗車はもちろんのこと、
いろんなお店でもスッとお買い物ができてしまう
便利な時代です。

逆に電子決済サービスの種類が増えすぎて、
一体どれを使えば良いのか使う方も迷ってしまうほどです。

究極的には、電子決済というよりも
生活必需品についてはもう顔パス(顔認証?)で、
表面上は金銭のやり取りなど一切しなくても良い社会に
なってしまえば良いのにと一人夢想していたりもします。

アナログなお金のやり取りももちろん趣があって良いのですが、
実際に何人かのお客様と電子決済で会計を済ませてみると、
たかだか1分未満の金銭のやり取りが、
煩わしいものであったように感じられるから不思議なものです。

読者の皆さんも
運が良ければどこかで電気自動車のパンの販売車に
出会えるかもしれません。

その時は是非お財布を持たずに、
スマホだけ持ってパンを買いに来てみてくださいね。

〜ベンチタイム193号 編集後記〜